外国製キャットフードは安全なのか?


私たち日本人は国産にこだわる傾向があります。
「国産は安心安全」「国産だから美味しい!」
確かに、国産の野菜やお肉は安全性が高いと言えます。

しかし、それは人間の食事に関しての話であり、ペットの食事まで国産であれば確実に安全なのかというと、 日本ではペットフードに対する規制がまだまだと言わざるをえない側面があります。

キャットフードの原材料表記を確認してみてください。
真っ先に記してあるのは穀物という表記ではないのでしょうか。
原材料欄は含有量の多い順番で表記することが義務付けられています。

猫を飼っている方は、猫が肉食動物であることをご存知だと思いますが、 肉食動物である猫は、草食動物や雑食動物のような長い腸や、穀物を消化する酵素も持っていません。

そのため、猫は穀物の消化ができません。
また、猫にとって穀物は肥満やアレルギーなどの原因とも言われています。

にもかかわらず、国産のキャットフードのほとんどが穀物を多く含んでいます。

中でもトウモロコシが頻繁に使用されており、これは特に消化効率が悪い食品の一つです。 猫に与えることで便秘になってしまうこともある食品なのです。

他にも小麦や大麦、お米が使用されています。
さらに、安く提供するためにもこれらの原材料は私たち人間が食べられないものを使っていることが多いのです。 そのようなキャットフードでは安全と言うことはできません。

日本に比べてペットフードの先進国であるカナダやイギリスでは、人間でも食べられるような高い安全性を誇ったキャットフードを生産しています。 原材料も穀物未使用ものが多く、その7~8割はお肉を使用しています。

猫に必要な動物性たんぱく質を豊富に含んでいるため、猫が本当に必要とする栄養素を摂取させることができます。 また、添加物も天然由来であることが多く、化学調味料などを使用していないと言う点も大きな魅力です。
安全性に優れた海外のキャットフード、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

Share Button

自己紹介

ベンガル猫専門ブリーダー【Cattery夢猫庵】

ベンガル専門ブリーダー
Cattery夢猫庵

高倉 千草

愛猫にとって本当に安全でおすすめできるキャットフードを生物学的に徹底分析しました。ブリーダーとして勉強してきた中で学んだ安全なキャットフードをご紹介しています。皆様の愛猫のキャットフード選びの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

よくみかける
キャットフード一覧

  • ANF
  • FORZA10
  • go!(ゴー)
  • SGJプロダクツ
  • アーガイルディッシュ
  • アーテミス
  • アイムス
  • アカナ
  • アズミラ
  • アゼット
  • アディクション
  • アニモンダ
  • アボダーム
  • アボダーム
  • アルモネイチャー
  • オーガニクス
  • オープンベイクド
  • オリジン
  • カークランド
  • カナガン
  • カルカン
  • カントリーロード
  • キャットリート
  • キャネット
  • キャラット
  • クプレラ
  • グリーンフィッシュ
  • コンボ
  • サイエンスダイエット
  • ザナベル
  • シーバ
  • ジウィピーク
  • ジェーピースタイル 和の究み
  • ジャガー
  • シンプリー 
  • スーパーゴールド
  • スペシフィックス
  • スマック
  • セレクトバランス
  • ソリットゴールド
  • ティンバーウルフ
  • ドクターズケア
  • ナウフレッシュ
  • ナチュラリーフレッシュ
  • ナチュラルチョイス
  • ナチュラルバランス
  • ニュートロ
  • ねこ元気
  • ねこ姫
  • ハッピーキャット
  • ビューティープロ
  • ピュリナワン
  • ピュリナワンプロプラン
  • ファーストチョイス
  • ファインペッツ
  • フィーラインナチュラル
  • フィシュ4キャット
  • フリスキー
  • プリスプリクション
  • フリントリバーランチ
  • ボジータ
  • ホリスティックレセピー
  • ミオ
  • ミャウミャウ
  • メディファス
  • メディプロ
  • モグニャン
  • モンプチ
  • ヤラー
  • ユーカヌバ
  • ロイヤルカナン
  • ロータス
  • ワイソン
  • 懐石
  • 銀のスプーン 
  • 日本のみのり