猫が発症しやすいアレルギー症状


猫も私たち人間と同じようにアレルギー症状が出る場合があります。
猫のアレルギーには食事が原因で起こる食事過敏症があげられます。
このアレルギーの原因の1つがキャットフードに含まれている穀物や添加物によるものとされているのです。

このアレルギーは、猫の年齢・性別・血統に関係なく起こり、症状としては顔や首に皮膚炎の症状が出ます。
また、脱毛なども多く皮膚がむけ、潰瘍ができてしまうアレルギー症状もあります。

猫の場合、アレルギーの原因となる食べ物を特定するのはかなり困難です。

ですので、アレルギーが出やすい猫の場合は、低アレルギー性のキャットフードに変えたり、 まったく別のフードに変えるなどの工夫が必要です。

ノミ取りの首輪などでアレルギーになることも

食事過敏症以外のアレルギー症状としては、ノミ取り首輪の薬品やその素材が原因で皮膚炎を起こしてしまう接触性皮膚炎があります。

首輪の周りが輪状に脱毛し炎症を起こして水ぶくれになってしまう場合もあります。

猫のアトピーも深刻なアレルギー症状

猫にとっては吸引性のアレルギーとしてアトピーも深刻な症状です。

かゆみが出るため爪で引掻いたり、舌で舐めることで皮膚に傷ができ悪化してしまいます。

ただし、個体差はありますが、アトピーはある程度までいくとアレルギー症状が治まる場合もあります。

こういったアレルギー症状はアナフィラキシーショックを引き起こす可能性も十分に考えられます。
ですので、猫のアレルギー症状に気付いた時は早めに動物病院に連れて行くようにしましょう。

Share Button

自己紹介

ベンガル猫専門ブリーダー【Cattery夢猫庵】

ベンガル専門ブリーダー
Cattery夢猫庵

高倉 千草

愛猫にとって本当に安全でおすすめできるキャットフードを生物学的に徹底分析しました。ブリーダーとして勉強してきた中で学んだ安全なキャットフードをご紹介しています。皆様の愛猫のキャットフード選びの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

よくみかける
キャットフード一覧

  • ANF
  • FORZA10
  • go!(ゴー)
  • SGJプロダクツ
  • アーガイルディッシュ
  • アーテミス
  • アイムス
  • アカナ
  • アズミラ
  • アゼット
  • アディクション
  • アニモンダ
  • アボダーム
  • アボダーム
  • アルモネイチャー
  • オーガニクス
  • オープンベイクド
  • オリジン
  • カークランド
  • カナガン
  • カルカン
  • カントリーロード
  • キャットリート
  • キャネット
  • キャラット
  • クプレラ
  • グリーンフィッシュ
  • コンボ
  • サイエンスダイエット
  • ザナベル
  • シーバ
  • ジウィピーク
  • ジェーピースタイル 和の究み
  • ジャガー
  • シンプリー 
  • スーパーゴールド
  • スペシフィックス
  • スマック
  • セレクトバランス
  • ソリットゴールド
  • ティンバーウルフ
  • ドクターズケア
  • ナウフレッシュ
  • ナチュラリーフレッシュ
  • ナチュラルチョイス
  • ナチュラルバランス
  • ニュートロ
  • ねこ元気
  • ねこ姫
  • ハッピーキャット
  • ビューティープロ
  • ピュリナワン
  • ピュリナワンプロプラン
  • ファーストチョイス
  • ファインペッツ
  • フィーラインナチュラル
  • フィシュ4キャット
  • フリスキー
  • プリスプリクション
  • フリントリバーランチ
  • ボジータ
  • ホリスティックレセピー
  • ミオ
  • ミャウミャウ
  • メディファス
  • メディプロ
  • モグニャン
  • モンプチ
  • ヤラー
  • ユーカヌバ
  • ロイヤルカナン
  • ロータス
  • ワイソン
  • 懐石
  • 銀のスプーン 
  • 日本のみのり