「AAFCO基準をクリア」・「オーガニック」・「ナチュラル」・「ヒューマングレード」の言葉の意味を理解し、イメージに惑わされない


AAFCO基準とは

パッケージに記載されている「この商品はAAFCO基準を満たしています」という表記があれば安全なキャットフードなのでしょうか?

AAFCOとは、Association of American Feed Control Official (全米飼料規制検査官協会) の略です。AAFCOではペットフードの栄養基準やラベル表示などに関するガイドラインを設定しています。日本のペットフード公正取引協議会の規約でも、AAFCOの栄養基準を採用しています。

AAFCO基準を満たしているということは、そのキャットフードと水だけで、十分な栄養が取れるという意味です。日本で販売されている総合栄養食のキャットフードは、ほとんど全てがAAFCOの栄養基準を満たしていますので、AAFCO基準を満たしていることは、安全なキャットフードの最低条件であり「当たり前」といえます。

また、AAFCOは基準を提示しているだけの機関なので、キャットフードの検査を個別に行ったり、認定や承認することはありません。逆に言えば「AAFCO基準を満たしています」とか「AAFCO基準をクリアしています」という表記は当たり前ですが、「AAFCO認定」や「AAFCO認可」という表記は、消費者に誤解を招かせる行き過ぎた不適切な表記です。

AAFCOではwebサイト上で明確に「AAFCO認可のペットフードはありません。」と記しています。「AAFCO認定」や「AAFCO認可」という表記のキャットフードはもしかしたら、AAFCO基準をクリアしていること(当たり前のことなのに)だけがセールスポイントの商品かもしれません。

Organic オーガニック 有機栽培

「オーガニック」という用語は今日広く使用され、化学農薬や化学肥料を使わないとか、保存料や着色料などの添加物をできる限り使わないなど、健康的で身体に良さそうなイメージがあります。「オーガニック」であれば、安全で健康的で栄養価が高いのでしょうか?

AAFCOでは「有機飼料は米国農務省(USDA)のナショナルオーガニックプログラム(NOP)の生産および取り扱い要件を満たしていること」と、正式に定義しています。

ナショナルオーガニックプログラム(NOP)の生産および取り扱い要件とは、「資源の循環を促進し、生態学的バランスを促進し、生物多様性を保全する文化的、生物学的および機械的慣行を統合する承認された方法によって生産される。合成肥料、下水汚泥、放射線および遺伝子工学は使用できない。」となっています。

AAFCOのwebサイトにも明記している通り、米国農務省(USDA)は、USDAオーガニックシールを使用した製品が、この一貫した統一基準を満たしていることを消費者に保証しているだけで、有機食品「オーガニック」が従来生産された食品よりも安全、健康、栄養価が高いとは考えていません。

Natural ナチュラル 自然・天然

「ナチュラル」という言葉は、ペットフードの表示や主張に関して、これもまた何だか健康的で身体によさそうなイメージがあり、肯定的に聞こえる言葉ですが、誤解がたくさんあります。

AAFCOの飼料または飼料成分に関する「ナチュラル」の定義は以下の通りです。

・植物、動物または採掘された資源からのみ得られた
・処理されていない、または熱処理・レンダリング・精製・抽出・加水分解・酵素分解または発酵などの物理的処理を受けていた状態
・しかし化学的に合成されたものではなく添加物を含まない
・または良好な製造実践において生じる可能性のある量を除いて、化学的に合成された添加剤または加工助剤を含まない
 (微量の化学合成化合物を含むことができる)

「ナチュラル」飼料や成分が、化学合成プロセスよりも安全であるという要件や声明はありません。製造工程中に一般的に使用される多くのプロセス(熱処理・レンダリング・精製・抽出・加水分解・酵素分解または発酵など)は「ナチュラル」とみなされます。

たいていのキャットフードは植物、動物または採掘された資源からのみ得られた原材料から作られていますので、「ナチュラル」です。

熱処理・レンダリング・精製・抽出・加水分解・酵素分解などの処理をしていても、「ナチュラル」です。

微量であれば化学的に合成された添加剤または加工助剤を含むことができるので、「ナチュラル」です。

キャットフードに使用されたすべての原料が「ナチュラル」の場合には、キャットフード全体が「ナチュラル」または100%「ナチュラル」であると記載することができますが、ある特定の成分が「ナチュラル」の場合、例えば「ナチュラルチキンフレーバー」のように「ナチュラル」と記載することもできます。

Human-Grade ヒューマングレード 人間等級

米農務省(USDA)は、人間の消費に適した製品を公式に「 human edible 食用」と定義しています。「 human edible 食用」の食品は、人間の消費の安全を確保するために製造規則(プロセス制御規則)を処理、検査、合格していますが、「 Human-Grade ヒューマングレード」に公式な定義はありません。公式に「 human edible 食用」とみなすことができるキャットフードも存在しますが、これらの基準を実際に満たしたキャットフードはたいへん高価なものになります。

いくつかのキャットフードには、数年前から「ヒューマングレード」と主張されるものがあります。「ヒューマングレード」と主張されるキャットフードは、あなたの愛猫にとって本当に健康的で安全なのでしょうか?

猫たちは、多くの家庭で家族同様に扱われているため、人間が食べることのできるものはすべて猫にとっても安全だと考えてしまいがちですが、例えばチョコレート・マカダミアナッツ・タマネギなどの成分は、「 human edible 食用」で人間には良いですが、猫や犬には毒性があります。

AAFCOのwebサイトでも、以下のように明記して注意を促しています。

あるペットフード製品が「ヒューマングレード」として宣伝されているかどうかは、そのペットフード製品の安全性に影響を与えません。すべてのペットフード製品は、飼料要件を完全に満たさなければなりません。「ヒューマングレード」は、ペットの栄養の安全性に自動的に同値ではありません。


本当に安心安全で愛猫にとって健康的なキャットフードを選ぶためには、「AAFCO基準をクリア」・「オーガニック」・「ナチュラル」・「ヒューマングレード」と宣伝されているイメージだけで判断することなく、言葉の意味をきちんと理解し、原材料名やタンパク質など栄養素の含有量などを総合的に判断しなければなりません。


参考:AAFCO

http://talkspetfood.aafco.org/faq

Share Button

自己紹介

ベンガル猫専門ブリーダー【Cattery夢猫庵】

ベンガル専門ブリーダー
Cattery夢猫庵

高倉 千草

愛猫にとって本当に安全でおすすめできるキャットフードを生物学的に徹底分析しました。ブリーダーとして勉強してきた中で学んだ安全なキャットフードをご紹介しています。皆様の愛猫のキャットフード選びの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

よくみかける
キャットフード一覧

  • ANF
  • FORZA10
  • go!(ゴー)
  • SGJプロダクツ
  • アーガイルディッシュ
  • アーテミス
  • アイムス
  • アカナ
  • アズミラ
  • アゼット
  • アディクション
  • アニモンダ
  • アボダーム
  • アボダーム
  • アルモネイチャー
  • オーガニクス
  • オープンベイクド
  • オリジン
  • カークランド
  • カナガン
  • カルカン
  • カントリーロード
  • キャットリート
  • キャネット
  • キャラット
  • クプレラ
  • グリーンフィッシュ
  • コンボ
  • サイエンスダイエット
  • ザナベル
  • シーバ
  • ジウィピーク
  • ジェーピースタイル 和の究み
  • ジャガー
  • シンプリー 
  • スーパーゴールド
  • スペシフィックス
  • スマック
  • セレクトバランス
  • ソリットゴールド
  • ティンバーウルフ
  • ドクターズケア
  • ナウフレッシュ
  • ナチュラリーフレッシュ
  • ナチュラルチョイス
  • ナチュラルバランス
  • ニュートロ
  • ねこ元気
  • ねこ姫
  • ハッピーキャット
  • ビューティープロ
  • ピュリナワン
  • ピュリナワンプロプラン
  • ファーストチョイス
  • ファインペッツ
  • フィーラインナチュラル
  • フィシュ4キャット
  • フリスキー
  • プリスプリクション
  • フリントリバーランチ
  • ボジータ
  • ホリスティックレセピー
  • ミオ
  • ミャウミャウ
  • メディファス
  • メディプロ
  • モグニャン
  • モンプチ
  • ヤラー
  • ユーカヌバ
  • ロイヤルカナン
  • ロータス
  • ワイソン
  • 懐石
  • 銀のスプーン 
  • 日本のみのり